MADHAND

MADHAND

MADHAND

プロフィール

TAKURO=2月5日生まれ

Q-RIPPER(クリッパー)=7月13日生まれ


2001年、MCのTAKUROとQ−RIPPERにより結成。都内CLUB中心にイベントをこなし、同時期にイベントオーガナイズをはじめ結成当初より、数々の有名アーティスト(EXILE、湘南乃風等)のフロントアクトも努める。

2003年にはFLY REAFのV.A作品にMADHAND ft.TARO SOULで参加し、絶大な支持を得て一躍期待の若手となり、数々のイベン

トにGUEST出演することとなる。 その後は川崎CLUB CITTA、HMVインストアLIVE、ZEPP FUKUOKAでのLIVEな

どもこなし、活動の場所を全国へ広げていく。

そして2006年1月自身初のMini ALBUM 『MADHAND』をプロデュースに当時MISIA、ケミストリーのMIXも手がけてもいたDJ WATARAI等を迎え渾身の作品としてリリースする。

その後も2006年7月にはEXILEのBACK DJも努め、当時RATHER UNIQUEで活動していたDJ SHIBUCHINの

『SHIBUCHIN SUMMIT』MCU、エイジアエンジアなども参加したメジャーデビューアルバムにMADHANDで参加。

またこの作品にとどまらずその後もV・A作品にMADHANDとして参加し音源を残していくこととなる。

2007年には、毎年多くの観客を集め賑わうHIPHOPの祭典B−BOY PARKにも参加。

そしてついに2008年2月メジャーファーストフルアルバム『BIRTHDAY』をゲストに浜崎 貴司・LITTLE・MCU・175Rから

SHOGOらを迎えリリース。

2008年6月には自身初となるワンマンライブも開催し、ますます勢いにのるMADHAND!!配信限定楽曲Satisfactionもレコチョク、HIPHOP DLにて今後の動きに要CHECK!!

 

【ソロ活動】

《TAKURO》 EXILEのKENCHIとEXILESのメンバーDJ SHIBUCHINと共にRED BLOCKRZを結成(現在活動

休止)。2007年7月にはKICK THE CAN CREWのMCUのセカンドアルバム『A・K・A』にフューチャリング参加しリキッド

ルームにおいて開催されたツアー最終公演にも参加、ツアー表題曲『ヒップホップハレルヤ』もMCUとともに制作する。

又、RATHER UNIQUE, INNOSENCEのMCとして活躍してきたSOHJINが現在活動しているK+S CASEのアルバム

『RE−START』にもフューチャリング参加。そのほか、伝説的グループZOOのNAOYA率いるARTROID WORKSのメンバーでもある。

 

《QーRIPPER》 KICK THE CAN CREWのLITTLE中心に結成されたGAKUDANの一員として現在も活動。またLITTLEセカンドシングル『夢のせい』のカップリング曲に参加しサイドMCとしてツアーにも参加。今秋全国ロードショー予定の映画『宿命』!!この映画の挿入歌にKICK THE CAN CREWのLITTLE率いるGAKUDANの楽曲が!!主演はソン・スンホン、クォン・サンウ、主題歌はGLAY!!エンディングテーマはJONTE!!


ディスコグラフィー
MADHAND

Single「Never Say Never ft.KIKURI」

発売日:2015 / 07 / 15  CD:TOPD-153

『南風なびかせ、今来たぜ!!15年目の余裕のフライトッ!!』


コンビ結成15週年を迎え進化し続けるTAKURO、Q-RIPPERからなるMADHANDがさらなる高みを目指し再始動。

その起爆剤として古くからの盟友である元COLORのKIKURI、

次世代を担う若手グループMADKIDからフロントマン2人を迎え入れ

リスナーの新旧を問わない作品を完成させた!

サウンドプロデュースには東方神起、嵐、MCU、LITTLE等を手がける北浦正尚氏をメイン起用し

MADHANDの切なくも力強いラップがマッチするトラックと

今現在シーンで注目されているトラップビートで2人の特色を生かすと共に

リード楽曲のタイトルにもなっている『Never Say Never』、決して諦め無いと言った意味を持つこの言葉通り

日本語RAP第二世代、第三世代の影響を受け現在のシーンに飛び込んだ自らや、去って行った同志への想い

また時代の流れに流されず、変わらぬスタンスで何かを続ける芯の強さを伝えるメッセージを歌う一方、

『Trun it up loud』では今昔問わずパーティーを楽しむHIPHOPやクラブの醍醐味を

ネクストジェネレーションと共存しながら、威風堂々と存在感を示したRAPをフロウしている。

デビュー以降、進化していく事が変わらないスタンスと信じ歩んで来た

MADHAND2人の何色にも染まらないHIPHOPを宜しく!!


01. Never Say Never ft.KIKURI

02. Turn it Up Loud ft.LIN&YOU-TA from MADKID

03. I'll Be Right Here ft.オルドルキ

Satisfaction

Digital Single "Satisfaction"

発売日:2010 / 05 / 18  CD:TPDGR-0012

新曲『Satisfaction』がHIPHOP-DL mobileにて配信開始!!

TAKURO、Q-RIPPER、DJ SONOKIによるMADHANDの配信限定第1弾!今作ではメンバーにDJ SONOKIを加えたことで音に深みが増した完成度の高いナンバー。新生MADHAND、進化の一曲は要チェック!!

Satisfaction

メジャーリリース第一弾アルバム "BIRTHDAY"

発売日:2008 / 02 / 06  CD:NECX-30016   \2,800(tax in)

Index Music

175RのSHOGOとのコラボレーション曲をはじめ、浜崎貴司・Little(KICK THE CAN CREW)・MCU(KICK THE CAN CREW)などの錚々たるメンバーをフィーチャリング・ゲストに向かえ、新たなジャパニーズHIP-HOPスタイルを聞かせてくれる。

Satisfaction

1st Mini Album "MADHAND"

発売日:2006 / 01 / 25  CD:TOPD-1029

MADHANDのインディーズとして初となるミニアルバム!!

プロデュースに当時MISIA、ケミストリーのMIXも手がけてもいたDJ WATARAI等を迎え渾身の作品としてリリースする。

aka

【TAKURO 客演】 "A.K.A / MCU" Track2:BURN feat. TAS from MADHAND,TSUBOI,KOHEI JAPAN,童子-T

発売日:2007 / 06 / 20  CD: BVCR-11103    \3,059(tax in)

BMG JAPAN
restart

【TAKURO 客演】 "Re−START / K+S CASE" Track3:暁へのバラード feat.TAKURO from MADHAND & BooBee Brothers

発売日:2008 / 04 / 02  CD: GNCL-7008    \2,100(tax in)

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
JR

【TAKURO 客演】 "Jackpot Rockers / Jackpot Rockers"  タイムリミット feat. TAKUROU a.k.a.TAS(MADHAND)

発売日:2008 / 08 / 22  CD: RRCRG-80120    \2,100(tax in)

Revolution Recordings
夢のせい

【Q-RIPPER 客演】 "夢のせい / LITTLE" Track2:MIC MAN SOUL feat.Q-RIPPER from MADHAND

発売日:2007 / 10 / 10  CD: BVCR-19099    \1,050(tax in)

BMG JAPAN
SOS

【Q-RIPPER 客演】 "Story Of Summer / Revival Stance" 表題曲:Story Of Summer feat.Q-RIPPER from MADHAND

発売日:2007 / 09 / 07  CD: NNRC-6    \1,050(tax in)